プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

今年の5月に入社したばかり、都電沿線で育った店長見習が、より地元の皆様に愛されるお店にしようと日々奮闘中。
座右の銘は「酒あれば楽あり」。日本酒を中心に、お酒をより楽しんで頂くための情報を発信していきます!


※画像はイメージです。イラストと本人は一切関係ありません(><)


最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« お酒のイロハ🍶(ヘ) 【醸造用水はスゴイ!】 | メイン | 「ひやおろし」やってます! »

2014年8月28日 (木)

お酒のイロハ🍶(ト) 生酒・生貯蔵酒・生詰め酒

さて今回はお酒の「火入れ」に関するお話です。
以前【麹米・酒母米・掛米】の回でも少し触れましたが、麹と酒母による発酵が止まった醪(もろみ)はまず原酒と酒粕に分けられ、通常出荷までに2回の火入れを行います。
1回目の火入れは醪を搾った直後、つまり貯蔵を開始する前、そして2回目は瓶などに詰めて出荷する前に行います。
お酒は搾ったあとも酵素が生きているのでそのままにしておくと熟成が進みやすく、場合によっては「火落ち」といって白く濁り劣化してしまいます。火入れすることによって酵素の働きを止め、雑味を抑え安定した味わいのお酒に仕上がるというわけです。
しかし近年は冷蔵や温度管理の進歩や製造設備の殺菌・消毒の徹底などにより、火入れを行わなくても品質のよいお酒を提供出来るようになってきました。また一方でお酒本来のフレッシュな味わいを楽しみたいという消費者の要望もあり、「生」を謳ったお酒が数多く出回るようになってきました。

ところで今回のタイトルにも挙げたとおり、いわゆる「生」のお酒にも3つの種類があります。まず「生貯蔵酒」は1回目(貯蔵前)の火入れを行わないもの、そして「生詰め酒」は2回目(出荷前)の火入れを行わないもの、そして1回も火入れをしていないものが「生酒」になりますが、これは特に「本生」と呼ばれたりもします。
これらのお酒は通常のお酒と違い要冷蔵で開封後はなるべく早く飲みきることが基本ですが、大抵は期間も数量も限定で出荷されています。限定販売のフレッシュなお酒をその季節の肴と合わせて頂くのも、粋なお酒の楽しみ方ですね。
では次回もお楽しみに!

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

完全個室和風居酒屋 きざみ 王子店 のサービス一覧

完全個室和風居酒屋 きざみ 王子店